内容証明って何?

内容証明郵便とは日本郵便のサービスの一種です。
差し出した日付、差出人の住所、氏名、宛先の住所、氏名、文書に書かれた内容を日本郵便が証明してくれる一般書き留め郵便物です。内容証明郵便にふかして利用できるサービスは、速達郵便、本人限定郵便、配達日指定、配達証明、引き受け時刻証明などがあります。

内容証明郵便を出す目的は?

内容証明郵便は「いつ、誰が、誰に、何を伝えたいもか」を証明してくれます。
配達したことも証明してくれるため、「そんな郵便うけとっていない」とか「そんな内容は書いていなかった」とは主張できません。

 

  • 証拠能力がある
  • ある種の法律行為には送達された日付が重要な意味を持つものがあり、内容証明郵便により確定日付のある内容証明として法的効力を持たせることができます。

  • 心理的プレッシャーを与える
  • 内容証明郵便は、所掌定期前の最終通告として使用される場合が多く、一般的な郵便とは異なる形式で書かれているため、普通の内容とは異なる印象を与えます。受取の際に受領の押印を求められます。これを拒否するには「受領拒否」と自署しなければならないなど厳格な感じを与えます。
    また、中身である内容証明の文章には「令和〇年〇月〇日 第△△△△号 書留内容証明郵便物として差し出されたことを証明します。 日本郵便事業株式会社」という認証が押印されていますので、公的機関が証明する文書として受取人に心理的影響を与えるかと思われます。

     

    さらに、我々行政書士が内容証明書を作成すると「本書通知の作成代理人 行政書士山野伊紀」と記載します。これにより受取人は法務課が介在している事実を知ることにより、心理的プレッシャーはさらに増します。加えて、法令根拠を記載している場合や回答がなければ法的措置を取る旨を記載している場合には特にうk取忍は困惑するため、内容証明郵便を出すことで、早期かつスムーズに問題解決する可能性があります。

内容証明郵便はこういうことに使えます。

世の中の問題がすべて裁判で争って解決しているわけではありません。裁判外で解決しているほうが、圧倒的に多いです。以下のようなケースは内容証明で解決されていることが多いようです。
※内容証明書をだすべきでない、もしくは出すのに慎重さを要する場合もあります
・穏便に事案が解決できる可能性がある(相手側に誠意が認められる)場合
・相手側と親しい間柄にある場合(感情を排して冷静に慎重に熟考しましょう

 

内容証明のご相談はこちら

 

悪徳商法対策

  • クーリングオフの意思表示を通知するとき
  • 商品の引き渡しを求めるとき

お取引に関するもの

  • 契約取消、契約解除の意思表示
  • 債権回収(売掛金など)
  • 相殺の通知
  • 時効援用
  • 債権譲渡の通知

労働に関するもの

  • 不当解雇されたとき
  • 未払い賃金請求
  • 職場でのパワハラ、セクハラなどの中止請求

お金に関するもの

  • 貸金の返済請求

男女関係の関連

  • DV接近禁止請求
  • 不倫の中止請求
  • 離婚の意思表示
  • 養育費請求

相続関係

  • 遺産分割協議の通知
  • 遺留分減殺請求

迷惑行為中止要請

  • ストーカー行為中止請求
  • ペットの騒音・悪臭に対する対応

内容証明郵便の作成について

内容証明の書き方
用紙や枚数に制限はありません。ただし、1行当たりの字数と1枚当たりの行数に制限があり、1枚増えるごとに料金が加算されますし、枚数が増えれば重量も増えるので郵便料金も高くなります。必要事項聞き取りさせていただきこちらで作成します。

 

   制 限
縦書き  1行20字以内、1枚26行以内
横書き

 1行26字以内、1枚20行以内
 1行13字以内、1枚40字以内
 1行20字以内、1枚26行以内

 

内容証明の費用

 

郵便料金

定形郵便

25グラムまで     84円
50グラムまで     94円    

定形外郵便

50グラムまで    120円
100グラムまで   140円

 

内容証明料金

1枚の場合      440円
2枚の場合      700円
3枚の場合      960円
4枚の場合      1220円
5枚の場合     1480円 

まずはご相談ください

日々の生活の中で、様々なトラブルにみまわれることもあります。
トラブルにあってしまった時、どうしていいのかわからず悩むこともありますが、一人で抱え込まないでご相談いただければお力になれることもあるかと思います。「こんなこと聞いていいのかな?」など遠慮なさらずまずはご相談ください。お電話やメールのお問い合わせは無料です。お気軽にご連絡ください。

 

0569-89-9830

 

営業時間:平日10:00〜18:00

土日祝日はメールにてお問い合わせください

 

内容証明サポートの流れ

STEP1:メールやお電話でのお問い合わせ(無料です)
みなさまのお悩みについて概要をお聞かせいただき、アドバイスさせていただきます。
※メールやお電話でのやり取りですと詳細なことまで把握できず一般的な回答となってしまうこともあります。ご了承ください。

 

STEP2:面談(出張もできます)
メールやお電話でお問い合わせいただいた後、お望みであれば実際にお会いしてご相談いただきます。
問題の実情を詳細にお伺いして、お持ちの資料等も精査させていただきます。そのうえで問題の本質を法律的観点に基づいてご説明させていただき、問題解決の方法を検討いたします。
当事務所でも構いませんし、みなさまのご自宅にお伺いすることも可能です。資料書類などを参照させていただくにはご自宅にお伺いした方がもれなくできると思いますので出張面談をおすすめします。基本的に出張費はいただいておりません。

 

STEP3:お見積り
内容精査させていただいて内容証明を送付すべきと判断させていただいた場合、内容証明作成費用のお見積りを出させていただきます。
お見積りをご検討いただき、納得いかない場合は何度でもご相談ください。再お見積りさせていただきます。

 

STEP4:業務委託契約の締結
ご提案させていただいたお見積りにご納得いただけましたら、当該内容証明作成送付についての業務委託契約を結ばせていただきます。

 

STEP5:内容証明書作成 依頼者様への確認 発送
作成しました内容証明書をご確認いただき、承諾いただきましたら発送します。

 

STEP6:発送完了のご報告 内容証明の謄本及び配達証明の送付
依頼者様へは発送完了をご報告させていただき、内容証明の謄本と配達証明を提出します。問題解決まで保管ください

 

STEP7:内容証明発送後のご相談受付
内容証明発送後もご相談に応じさせていただきます。3回まで無料です

内容証明サポートの基本料金

基本料金をもとにお見積りさせていただきます。

 

面談(時間制限なし)                  ¥5,500
債権回収など定型処理が可能なもの  ¥22,000
その他難易度にあわせて                ¥25,000より
文書作成費                   1枚   ¥1,500

 

実費
郵送料            定型25gまで      ¥84
一般書留の料金                   ¥435
内容証明の料金                1枚 ¥440  2枚目以降1枚当たり260円加算
配達証明オプション(おすすめ)            ¥320