届出および許可申請のサポートをします

耕作目的で農地を売買または賃貸借したり、地上権を設定するときは農地法3条による市区町村の農業委員会の許可を受ける必要があります。


許可の基準

農地のまま権利を移転又は設定することになるので、譲受人または借受人が営農していくのに適しているかが判断基準となります。

  1. 農地取得後の経営面積が30a(3000u)を満たしているか
  2. 譲受人またはその世帯構成員が農作業に常時従事できるか
  3. 周辺の農地に悪影響がなく地域農業との調和が図られるか
  4. 譲受人が所有するほかの農地に耕作放棄地(1年以上作付けされず今後も作付けされる考えのない土地)がないこと

これらが主な判断基準となります

届出が必要な場合

相続や離婚等の財産分与などで取得した土地がのうちであった場合、市区町村の農業委員会に届出をする必要があります。
届出をしていなと10万円以下の過料が課せられる場合がありますのできちんと届け出ましょう。
おおむね取得してから10か月以内に届出しなければなりません。

 

届出についてもサポートしますのでご相談ください

申請に必要な書類

  1. 許可申請書
  2. 位置図(1/2500程度の縮尺のもの)
  3. 法務局公図の写し
  4. 土地登記事項証明書
  5. 譲受人の農地基本台帳
  6. 譲受人の営農計画書
  7. 通作経線図(譲受人の住所地から申請地までの経路が記載された図面)

許可申請の流れ

STEP1:ご相談
初回ご相談は無料です。ヒアリングさせていただき申請内容をご説明させていただきます。

 

STEP2:お見積りとご契約
無料でお見積りさせていただき、ご納得いただけましたらご契約させていただきます。

 

STEP3:双方ご面談
お相手のかたともご面談させていただきます

 

STEP4:現地確認後書類作成
現地の周辺状況等確認させていただき、将類作成します

 

STEP5:農業委員会への申請提出
農業委員会と打ち合わせの上申請書提出します

 

STEP6:審査
市区町村により締め切り日が決まっており、申請のタイミングによっては余計に日数がかかる場合がありますが、おおむね1か月程度で手続き完了します。

申請の基本料金

  • 届出サポート(調査費込み)         \27,500 (税込) より
  • 許可申請サポート(調査費込み)       \55,000 (税込) より

 

こちらの基本料金より案件ごとにお見積りさせていただきます

ご相談ください

はじめのご相談は無料となっております。

お気軽にお電話またはメールにてお問い合わせください。

 

0569-89-9830

 

営業時間:平日10:00〜18:00

土日祝日はメールにてお問い合わせください